Parallel works × Life ~ Try Happiness
「満足度」の高い「生活」には「複業」を
節約&家計

通信費って必要だからこそ上手に使いたい|家計の固定費を削減する方法

1人1台スマホを持っている時代が当たり前になり、ひと昔までには存在しなかった通信費という支出が発生しています。またインターネットの普及によって、各家庭にもインターネット環境を整備していることも通信費が支出に与える影響が大きくなっている理由です。

スマホの料金を何とかしたいけど、連絡手段として必要だし・・・。

子供が大きくなってくるとスマホを持たせるだろうし、プランの変更も必要になればだんだん料金が増えてくるかもしれない。

WiFiも使えるようにしておかないと不便かも。地上波以外に色んな番組を観られるようにしているけど、このままでいいのか?見直せるのか?

このような通信に関する家計の疑問に答えます。

本記事の内容
・必要な通信料金だからというだけで家計の負担になっている
・必要以上の利用内容になっていないか|WiFi・テレビ・電話
・子供の成長などのタイミングが見直しのコツ

本業はごく普通の会社員ですが、お金に関する知識を独学で学び、FP(ファイナンシャルプランナー)さんに相談するなどして、家計管理を実践しています。

そのおかげで、FPさんに「参考にしたいからひな形を欲しい」と言われるまでの、家計ライフプランを作成することができました。

現在は三大支出と言われる、教育資金・住宅ローン・老後のための家計管理を実践できています。

必要な通信料金だからというだけで家計の負担になっている

スマホって必要だから購入&契約してそのままになっていませんか?現在の料金やプランのこと知っていますか?

・スマホが必要
・現在の契約が必要

この2つの違いを意識したことありますか?スマホが必要なのと契約内容がそのままでいいというのは別の話ということに気づけたら、見直しをしようと1歩踏み出せるはずです。

スマホの契約台数はそのままで通信費を見直すことは可能です。

・契約プランを最適化する
・格安スマホに変更する

このように料金を削減できる手段はあります。現在の使用状況に応じて見直してみてください。わからない場合には、スマホショップへ相談しに行けばいろんなシミュレーションをおこなってくれます。

必要以上の契約内容になっている無駄を省きたい|WiFi・テレビ・電話

インターネット環境が整っていない家庭というのが少なくなっている傾向です。インターネット設備を導入する時に、テレビや固定電話などまとめて加入されていませんか?

一度の設置工事で済むということで、地上波以外にBS放送やCS放送で好きな番組を視聴できるようになったり、固定電話回線を安く設置している家庭が多くあるようです。

電話はほとんどスマホでしていませんか?
テレビは地上波以外の番組を観ていますか?

生活スタイルとそれらの契約が合っていない場合、必要以上の契約となっていることになります。

利用するのを我慢する必要はありません。現在の状況にあったものに見直すだけで通信費は抑えられるはずです。

子供の成長などのタイミングが見直しのコツ

ただ通信費を見直すことって手続きをしないといけないのでちょっと面倒に感じてしまいます。

そこでおすすめの見直し方法として、子供の入学などでスマホを持たせるようになるタイミングを利用してください。新規で契約するので、必ず手続きをします。そのついでにプランの変更や格安スマホへ変更、テレビや固定電話の見直しなどをしてしまえばいいのです。

しかもスマホと一緒にインタネットやテレビなどを契約するとスマホ料金がお得になることもあります。それらを上手に使うこともできれば、見直しの効果が大きくなることも。

負担が増えると考えていた子供のスマホ料金が、見直しすることによってプラスマイナスゼロにできれば、毎月のやりくりも楽になるかもしれません。

通信費って必要だからこそ上手に使いたい|まとめ

必要だからとずっとそのままの通信費、そのほとんどが自動更新なので見直しのタイミングがないというのが現実です。利用していない部分が多い契約内容であったり、格安スマホでも何も変わりがないことも、気づかないだけだということもあるでしょう。

ここでは紹介していませんが、支払い方法を工夫するだけで支出額を把握しやすかったりポイントを多くためることができることも。

とにかく家計の見直しには1歩踏み出す行動力がポイントとなるので、まず何かアクションを起こしてみましょう。