Parallel works × Life ~ Try Happiness
「満足度」の高い「生活」には「複業」を
ライフスタイル

プログラミングを本気で習得したい人にテックアカデミーをおすすめする理由

オンラインでプログラミングを習おうと考えているけど、どのスクールがいいのかわからなくて・・・

オンラインスクールを選ぶ時には、何か基準を決めると良いですよ。
プログラミングのオンラインスクールでいえば、料金よりも内容を重視することがおすすめ。
メンターと呼ばれる講師の評判や質で選ぶことも良いと思うのです。

メンターですか?
確かに講師に教わるわけですから大事ですね。

TechAcademy(テックアカデミー)のメンターは、現役のエンジニアなので実践向きな指導をしてもらえることもあり評判が良くおすすめです。
この記事でTechAcademy(テックアカデミー)のメンターをおすすめする理由を紹介しているので一緒に見ていきましょう。

この記事はこのような内容になっています。

  • メンター(講師)はプログラミング習得のサポート役
  • TechAcademy(テックアカデミー)は評判がいいメンター(講師)が多い!これが人気の理由

この記事では、プログラミングスクールを選ぶ時に大事なのは、メンター(講師)の質とサポート力だということに注目しています。

この記事を読んでもらいたい人

・ プログラミングを本気で学びたい人
・ プログラミングスクールを利用して転職したい人
・ TechAcademy(テックアカデミー)に申し込もうか迷っている人

この記事を読むとわかること

・ プログラミングスクールのメンター(講師)の役割
・  TechAcademy(テックアカデミー)のサポート&メンター(講師)の評判
・ TechAcademy(テックアカデミー)がプログラミングスクールの中で人気のある理由

公式ホームページはこちらからどうぞ

テックアカデミー|評判がいいメンター(講師)はプログラミング習得に不可欠

転職目的や働き方改革によって時間的余裕ができ複業や起業、また転職のためにプログラミングを習得したいと考える人が増えています。
プログラミングを習得する手段としては、独学とスクールの2つの方法。


この記事を読んでいる方は、プログラミングスクールを利用しようと考え、オンラインのプログラミングスクールを探している方ではないでしょうか?


独学の場合は費用が安く済むというメリットはありますが、習得までの時間や習得方法にデメリットが多く見られます。
そのためプログラミングスクールを利用して習得を目指す方が、早期の習得が可能であるなどの多くのメリットがあり最善の方法であると思います。


ただプログラミングスクールには多くのスクールがあり、どのスクールを利用すればいいのか悩んでしまうものです。

そこでおすすめのプログラミングスクールの選び方をご紹介しておきます。

  • 費用の差よりも受講内容&受講体制の差を重視
  • 生活スタイルにあった受講スタイル&受講時間の確保
  • わからないことや疑問の解決までのスピード感

本気で習得したいなら、これらを重視してプログラミングスクールを選ぶことがおすすめ。

費用の差よりも受講内容&受講体制の差を重視

独学よりも費用をかけて習得を目指すのですから、多少の費用の差を比較するよりも習得内容や習得のしやすさを比べて選びたい。

生活スタイルにあった受講スタイル&受講時間の確保

自分で行う独学の場合には時間的制約が少ないですが、スクールの場合には時間の確保が難しくなるものです。

生活スタイルに合わせて無理のないように受講できるスクールを選びましょう。

わからないことや疑問の解決までのスピード感

不明点や疑問点を解決できるのがスクールの最大のメリット、利用するスクールにはそれがいかに早くできるかということも選択するときの基準に。

上記の課題をクリアし、評価が良く人気のプログラミングスクールが今回紹介するTechAcademy(テックアカデミー)というわけです。




TechAcademy(テックアカデミー)は、多くの受講コースがあるので希望のプログラミングを習得することができ、専門知識が豊富な現役エンジニアが専属(担当)のメンターとしてサポートしてくれます。


オンラインスクールなので生活スタイルに合わせて勉強ができ、社会人であっても、学生であっても空いた時間に学習することが可能です。
またチャットやビデオ通話で質問することができるので疑問の解消が早く、わからないところで止まってしまい前に進めないということは起こりません。


初心者が実務で通用するエンジニアを目指すならばテックアカデミーはおすすめです。


プログラミングを習得するためには、欠かせないメンターの役割や評判など、TechAcademy(テックアカデミー)を申し込むべき理由についてご紹介します。

現役のプロのメンターから学べるオンラインブートキャンプ

テックアカデミーのメンター(講師)はプログラミング習得のサポート役


「受講を修了せずに途中で挫折してしまうことは避けたい。」
「もし受講しても理解することができなかったら」

この可能性が、受講費用の必要のない独学を選ぼうとさせてしまう。



結論から言うと、TechAcademy(テックアカデミー)には、サポートしてくれるメンター(講師)がいるので安心して取り組める。

カリキュラム自体は分かりやすく出来ているので、基本的な部分は理解できるはず。
もちろん応用的な部分に関しては、わかりにくい部分も出てきてしまう。

ただそのわかりにくい部分をメンター(講師)がサポート。
挫折しにくく、理解もできる環境があります。

テックアカデミーが人気の理由

TechAcademy(テックアカデミー)では、わからないことはすぐにメンター(講師)に質問できる。
これによって悩んだり、疑問解決するまでに時間がかかってしまうことはほとんどない。

このメンターの存在こそが、挫折してしまわないだろうか、理解することができるだろうか、という不安や心配なことを払拭できる大きな理由となっています。

つまりサポートしてくれる人がいることで、独学のように一人で頑張らなければならないような環境ではなく、受講費用を支払ったのに理解できないということにもなりにくいのです。

TechAcademyのメンターによる具体的なサポート体制

TechAcademy(テックアカデミー)の学習の流れは、カリキュラムテキストを読んで自分のペースで勉強していくというもの。


メンター(講師)によるサポートは、チャットとオンラインビデオ通話で疑問やわからないことを解決へ誘導。


チャプターごとの課題を進めていく学習スタイルなので、わからないことがあればSlackというチャットサービスを使って、メンター(講師)に何度でも繰り返し質問できるので理解しやすい。


また週に2回「Talky」というサービスを使ったオンラインビデオ通話で、専属メンターに現在の進捗や、勉強の進め方、学習のわからないことを相談できます。
文章より話をしながらの方が質問しやすい内容などの解決する場として利用できます。


この週2回あるオンラインビデオ通話のことをメンタリングサポートと呼ばれます。

チャットを利用するコツ


チャットはSlackを使用して行うのですが、ここでの質問に対応しているのは専属のメンターではなく、待機をしている複数のメンターに回答をしてもらうことになります。


メンターによっての答え方には特徴や相性などさまざまあるもの。
そのため利用するコツとしては、相性のいいメンターを見つけておくことがおすすめ。
相性が良く、理解しやすいメンター見つかれば、そのメンターが待機していそうな時間に質問すると理解しやすい回答がもらえるはずです。

メンタリングサポートを利用するコツ


TechAcademy(テックアカデミー)では、1人のメンターが契約期間中ずっと専属(担当)でいます。


メンタリングサポートでは、この専属(担当)メンターとビデオ通話で面談や質問します。
1回30分間で週2回しかないサービスですが、マンツーマンで対応してもらえるので便利。


メンタリングサポートの30分間をどのような目的をもって利用するかがコツとなります。
事前に質問したいことをリスト化しておくなど準備をしておくことがおすすめです。


チャットやオンラインビデオ通話などメンターを上手に利用することが、プログラミングスクールの有効活用であり、プログラミング習得の最善の方法と言えます。

TechAcademy(テックアカデミー)のメンター(講師)とは

専門知識が豊富な現役エンジニアがメンターであるということをはじめに触れました。


現役のエンジニアということで、それぞれが企業やフリーとして仕事をしながら、TechAcademy(テックアカデミー)のメンターとしても活動している方が多いようです。


これはTechAcademy(テックアカデミー)を利用する上でとても安心感があります。
最新技術に触れているエンジニアのメンターからフィードバックを受けられるからです。


また専属のメンターは、カリキュラムの進捗状況一覧をチェックしたり、週2回のメンタリングのタイミングに合わせて理解度などをコントロールしてくれるので、間違った理解をしていたりしても気付けます。


このようなメンターのサポートがあるので、孤独じゃないという安心感につながり、挫折せずにやり遂げることが可能です。

TechAcademy(テックアカデミー)のユーザーの声


ここで実際のユーザーの声も紹介します。

テックアカデミーに感謝!
お金払ってでもやって良かったと思う。
というか、メンタリングとチャットサポート手厚いのがありがたい。
もう、教育のハードルとか低くなっているよね。オンラインで十分。
これからは教育に建物なんかいらないんだろうな。


30代男性 会社員

TechAcademyでプログラミング学習中。
なにがいいかって、自分の凡ミスでよくわかんないバグが出ているときですら、
チャットでメンターさんに「どこがおかしいのかわからんよ〜う!」って泣きつけること。
すぐに甘えるタイプの私はこのあと独り立ちできる気がしないw


20代女性 事務

テックアカデミー2回目のメンター面談が終了。
今回は、事前に聞きたい内容をテキストで送付していたので問題解決がスムーズでした。
わかったことは「受け身では成長しない」ということ。
お金を払ってるからそれなりに教えてくれるだろう、みたいだとちょっときついかな。


20代女性 営業職

WebAPIについて勉強しているのですが、
メンターさんがいるかいないかによって理解度・受講スピードが全然違う・・・
三時間くらい悩んでたのが、メンターさんに聞いたら一瞬で解決した
時間を買う意味でも、プログラミングスクールはオススメです。


30代男性 自営業

プログラミング学習において、
エラーを指摘してくれるメンターさんの存在は非常に大きいよ。
学習の無駄を省いて最短距離でプログラミング習得できるようになるんだ。
初心者こそスクールへ。


40代男性 会社員


ユーザーの多くが、メンターの存在が大きいということでした。
実際のユーザーの声を見ても、メンターはプログラミング習得に不可欠ということです。

チャットとオンラインビデオ通話の利用で伝えておきたいこと


オンラインビデオ通話


週2回のメンタリングは、オンラインビデオ通話で行われますがカメラがなくても大丈夫。


基本がオンラインビデオ通話なのでカメラの映像とともに行いますが、気になるならカメラの有無については相談してみることをおすすめします。


大事なのはカメラの画像ではなく、プログラミング習得ですから。

現役のプロのメンターから学べるオンラインブートキャンプ

チャット


メンターに質問が可能なチャットは1対1ではありません。
TechAcademy(テックアカデミー)で使用するチャットでは、メンターだけではなく受講者も複数が同じチャットを利用しています。


そのため受講者間で会話をすることも可能で、その中で疑問が解決されたり、なにかわからないことがあったりすると受講者同士で話し合うことも可能です。


このチャットはカリキュラムの終了後でも使用できるので、受講者間のプログラミング勉強会情報の共有などの情報交換に使用されています。


またカリキュラム終了後に、優秀なエンジニアとなって活躍している元受講生と、チャットを通じて関わりが持ち続けられるので、魅力のあるシステムとも言えるでしょう。

テックアカデミーの評判の良い理由|メンターの評判がいい!

TechAcademy(テックアカデミー)のメンターはいかがでしたか?
受講生が途中で挫折したりや理解できなくならないようにしっかりとサポートしています。

専門知識豊富な現役エンジニアというのは魅力的ですね。
チャットやビデオ通話でのフォローはありがたいです。

TechAcademy(テックアカデミー)は、カリキュラム終了後もテキストやチャットが利用できるので、プログラミングを継続して学べる環境が整っていることもおすすめの理由です。

TechAcademy(テックアカデミー)は完全オンラインでのプログラミングスクール。

だから隙間時間を利用して勉強したり、時間に余裕がない人に向いていると言えます。

それもポイントですね。
一度、TechAcademy(テックアカデミー)のHPを見てみます。

TechAcademy(テックアカデミー)が人気のある理由なのが、現役エンジニアがメンターであること、これは質の高い受講が可能であるという証です。
実際のユーザーからも、質問にはすべて答えてもらうことができたというレビューが多い。

「難しいプログラミングであっても的確に問題を解決してくれれば続けられるはず」
「いくらやる気があってもプログラミングを理解することができなければ意味がない」

これらの不安や心配は現役エンジニアであるメンターが解決に導いてくれます。
すなわち、プログラミングを習得するためには、評価の良いメンターが在籍しているプログラミングスクールを選ぶことが欠かせない。

だからTechAcademy(テックアカデミー)の受講をおすすめしたいわけです。

TechAcademy(テックアカデミー)をおすすめする人

  • 通学する時間がもったいないし隙間時間を利用したいのでオンラインで学びたい人
  • 即戦力となるため深く実践的な内容を学び、今後もカリキュラムテキストで学びたい人
  • メンターの質にこだわりたいので最新の技術に触れている現役エンジニアに教わりたい人
現役のプロのメンターから学べるオンラインブートキャンプ

プログラマーの需要はどんどん増える


プログラマー不足で売り手市場であることは間違いなく、有効求人倍率が約8倍という需要がある状況になっています。


テクノロジー開発がどんどん必要になる時代になり、プログラマーの需要はこれからもどんどん増えていますが、できるプログラムが限られている人材は将来的に淘汰されていくと考えられます。


まだまだ勉強できる年齢のうちに、独学で大切な時間と労力を費やしてしまう前に、TechAcademy(テックアカデミー)で、現役エンジニアに効率よく教えてもらうことは、人生への投資と考えれば決して高額なものではないといえるはずです。