Parallel works × Life ~ Try Happiness
「満足度」の高い「生活」には「複業」を
節約&家計

家計改善|年間50万円を簡単に貯めるためにおすすめする方法5選

1年後に50万円の貯金ができている方法を紹介します。
この方法で、確実に50万円貯めることが可能です。


50万円の貯金ができれば、100万円も200万円も可能です。
1000万円も夢ではないかも知れません。



1000万円も100万円もあればとても嬉しいです。
でも50万円の貯金ができないという方にとっては、夢でしかないのです。

50万円の貯金

貯金できない人が50万円貯められると、お金の管理が上手になっているはずです。

50万円の貯金があれば、少し自信が持つことができ、何事にも前向きになると思います。

もし急な出費が必要になっても慌てることなく対応可能です。

確実に貯める5つの方法

ランチをお弁当にする

毎日のランチって何を食べていますか?
これを食べたい!っていう日って月にどれぐらいありますか?


何気なくとか、いつもこんな感じだからと食べている人。
お弁当にしてみませんか?


2018年のサラリーマンへの調査だと、ランチ代の平均は570円だそうです。


お弁当にした場合、前日の残り物や材料費だけで作れます。
費用は50円~100円程度で作れてしまいます。


ランチをお弁当にすれば、470円~520円の支出カットができます。



1ヶ月だと約15000円にもなります。

マイボトル

毎日の飲み物どうしていますか?

自動販売機、コンビニなど気軽に買うことができる時代です。
だからこそ、簡単に買ってしまっている飲み物で支出カットしましょう。

マイボトルを持参します。
これには、支出カット以外にもメリットがあります。
自分の飲みたいものを、好みの温度で飲めるというメリットです。
気分転換や落ち着いたりすることができます。


ペットボトル購入をマイボトルにすれば、160円の支出カットができます。



1ヶ月だと約5000円にもなります。

楽天ポイント貯める

ポイントは色々ありますが、楽天ポイントを貯めましょう。

楽天ポイントは、様々なポイント獲得方法があり、比較的多くのポイントを
獲得しやすいからです。

獲得した楽天ポイントを利用し、現金の支出をポイント支出へ変え
支出カットしましょう。


【楽天ポイントを100万貯める方法】こちらで詳しく紹介していますが、紹介方法を実践することで、1ヶ月だと約8000ポイントの獲得が可能です。

格安スマホ

スマートフォンは、ほとんどの人が利用していると思います。

そのスマホを大手キャリアから格安スマホへ変更することで支出カットしましょう。

例えば、ソフトバンクからワイモバイルへ変更するとします。
この両社は同じ通信網を利用しているので、ほとんど通信環境に変化はありません。

比較のために、契約機種をiphone SE 128GBとして、契約プランは、両社ともデータ通信の最大のプランを選択します。


ソフトバンクの場合、月々の支払額が9158円。
ワイモバイルの場合、月々の支払額が5918円。
両社ともHPの料金シミュレーションを使用。


ワイモバイルへの変更で、1ヶ月だと約3000円の支出カットになります。

先取り貯金

給料が入った時に、自動的あるいはご自身で、貯金用別口座へ移動させます。

そうすることで、確実にその分が毎月貯金できる仕組みです。
収入より先取り金額分少ない中での生活となりますが、先取りすることで
元々なかったという考え方になり、比較的変わらず生活することができます。


先取りする金額は、生活水準などに照らし合わせ、可能な範囲で構いませんが、今回は10000円とします。

まとめ

ランチをお弁当にする   約15000円
マイボトル        約5000円
楽天ポイント貯める    約8000ポイント
格安スマホ        約3000円
先取り貯金        10000円

合計           約41000円

1ヶ月あたり約41000円
これを1年間実行すると、約50万円貯めることができます。

10年間だと、500万円になります。
ボーナスなど毎月の収入以外の分を貯金に回すことができれば、もっと簡単もしくは早く50万円、500万円という金額を貯めることも可能になります。

まずこの5つの方法で50万円を貯めて、貯金管理を楽しんでください。