Parallel works × Life ~ Try Happiness
「満足度」の高い「生活」には「複業」を
節約&家計

家計改善と楽天ポイントでガソリン代を年間10万円節約する方法

今回は、家計管理というテーマで、家計をスリム化する方法をご紹介したいと思います。

家計のスリム化の目標は 黒字額 = 貯蓄額 を大きくすること。

簡単にいえば、

 収入 − 支出 

の最大化を目指すこととも言えます。

収入を大きくして支出を小さくできれば目標達成ですが、現在の社会情勢などからいうと収入を大きくすることは、少し難しいといえます。

そこで今回は、ガソリン代を減らすことで支出額を抑えて、黒字幅を大きくするための方法をご紹介します。

楽天ポイントと家計改善で支出管理をする方法

家計管理をしていく上では、まず支出管理をすると思います。
支出の現状がわからないと管理することはとても難しいからです。

  • どういった支出をしているのかという把握
  • どれぐらいの支出金額があるのかという把握
  • その支出は本当に必要なのか
  • その支出金額は本当に妥当な金額なのか

支出には、固定費と変動費があります。
固定費の支出についてきっちり把握して、管理することで家計のスリム化が実現可能になります。

なぜなら固定費は変動費よりも家計への影響が大きいので、家計のスリム化への効果が表れやすいからです。

楽天ポイントと家計改善で固定費を管理する

固定費とは

支出のうち、継続性のある支出で、月による支出額の変動が小さく、一定の支出があるものをいいます。

基本的に、固定費の支出はなくすことが出来ない支出なので、毎月のベースの支出額とされます。

節約をする場合、この固定費は自動的に支出されるので、手を付けにくい支出となることが多いです。
ただベースとなっている支出なので、一度見直すと継続的な節約が可能です。

固定費の見直し

固定費には、光熱費、スマホなどの通信費、固定資産税など税金、ローンや家賃などの住宅関連費、自動車の維持費、広く考えて生活費を含む場合もあります。

上記の固定費には、家計改善のために色んな工夫をすることが可能です。

光熱費と通信費はセットにするとお得になったり、住宅費は繰り上げ返済や借り換え、引っ越しするなどして支出額を抑えたりしている方も多いと思います。

電力会社と携帯電話会社が広告を出していたり、金融機関が借り換えなどのキャンペーンを実施したりと見直す機会に触れることもあるので、節約を検討してみてください。

ただ今回は、自動車の維持費を見直すことをご紹介します。

維持費には、自動車関連の税金、車検費用、メンテナンス費用、そしてガソリン代だと思います。
この中でも、節約効果が大きく出る方法があるのがガソリン代です。

ガソリン代の見直し

自動車を所有していない方は、この見直しの恩恵は受けられません。
しかし、周りの方へぜひ教えてあげてください。

ガソリン代の毎月の支出額

総務省の調査

月あたりの給油量の全国平均は約43 ℓ
月あたりの給油金額の全国平均は約7000円

ガソリンには、軽油・レギュラーガソリン・ハイオクガソリと種類があり、車種・エンジンによって給油するガソリンが指定されていたりします。

ガソリンを給油するガソリンスタンドも色んな会社があります。
しかし、この会社にこだわりを持って給油している方はほとんどないと思います。

近所だからとか、安いところで給油しているという人もいると思います。
でも一番多い理由は、メンバーズカードなどを使用しているからという理由だと思います。

もし、もっとお得に給油することが可能な方法があればどうでしょう。
こだわりがないならお得な方がいいですよね。

ここで紹介するのは、上述したデータの月あたり約7000円をスリム化する方法です。

ガソリン代をスリム化する方法

おすすめのスリム化する方法とは、楽天ポイントを利用してガソリン代を支払う方法です。
すなわち楽天ポイントを利用して、現金の支出を減らしてスリム化を実現。

スリム化の条件

給油するガソリンスタンド:出光サービスステーション
利用するポイント:楽天ポイント

ガソリン価格が高くとも、少し遠くとも、ポイント利用をして支払額を抑えられるなら、この方法を実践した方が家計に優しくなるはずです。

ガソリン代を最大0円にする方法

総務省調査の全国平均が月あたり7000円と紹介しました。
もし7000ポイント以上のポイントを毎月獲得することができれば、給油費用をすべてポイントで支払うことが可能です。
すなわちガソリンの支出0円が実現になるかもしれません。

楽天ポイントは、色んな方法で獲得可能です。
そんな楽天のポイントをより多く獲得することを別記事で紹介しています。

リンク

参考にしてください。

家計管理効果

家計のスリム化や節約など支出を減らす方法はたくさんありますが、月に約7000円の支出削減が簡単に可能な方法はあまりありません。

年換算すると約84000円です。

金融機関に貯金をして、年間84000円の利息が付くには、現在の利率だと相当多額の貯蓄が必要になります。

例え月に7000円だったとしても、突然給料が上がる可能性は低いですし、副収入として得るには就業規則等の問題があります。

家計全体で節約をして、月に7000円もの節約が可能な家庭はあまりありません。

ポイントを集約して、ガソリン代にのみポイント利用する方法は、とても有効だと思います。

ポイントを貯めるモチベーション、家計管理をするモチベーションともに継続的に維持することが出来、うまく家計管理することが可能だと思います。

まとめ

家計管理には、固定費管理が必要。

固定費には変動費と固定費があるが、固定費の見直しが効果的。

固定費で、簡単にポイントで見直しができるのがガソリン代。

楽天ポイントと出光サービスステーションを利用。

年間10万円程度の効果が期待できる。

我が家では、ガソリン代0円生活を実践しております。

楽天ポイントやポイント利用で家計管理をしている記事もありますので、リンクを貼って紹介しますので、参考にしてください。

楽天ポイントの獲得方法や楽天ポイントを利用できる店舗は、現在拡大中です。

楽天ポイントの獲得をしておけば、各家庭の生活スタイルに合った店舗で、ポイント利用が可能になった場合、ガソリン代以外の利用方法で、上手な家計管理が検討できるかもしれません。