Parallel works × Life ~ Try Happiness
「満足度」の高い「生活」には「複業」を
節約&家計

【家計】固定費を削減する方法|今すぐ見直して欲しい住居関連費用

私の実践方法と経験を紹介します。
固定費の削減で、効果が出やすいものが住居関連支出の見直し。

理由は、支出に占める金額が大きく、毎月の支出だから。
家賃や住宅ローンは数万円から数十万円にもなり、毎月の支出額を減らせるならとても大きな効果があります。

「毎月の家賃って収入の1/4程度も占めていて、生活費などを除くと貯蓄できる金額なんてほんのわずかだけ。
この状況で、教育費や老後に対しての備えはどうしたらいいのか・・・。」

「住宅ローンの支払いがまだ20年も残っているのに、教育費や生活費はどんどん増えてくる。
この状況をどうにかしないと、貯蓄を切り崩して残高が減ってしまう。
でもどうしたら・・・。」

こんな疑問に答えます。

こんな人に読んでもらいたい

  • 家計の支出を減らしたい
  • 支出の中でも大きな割合を占める家賃・住宅ローンを見直したい
  • 三大支出(住宅ローン・教育資金・老後)への備えを考えている

ごく普通の会社員ですが、お金に関する知識を独学で学び、FP(ファイナンシャルプランナー)さんに相談するなどして、家計管理を実践しています。

そのおかげで、FPさんに「参考にしたいからひな形を欲しい」と言われるまでの、家計ライフプランを作成することができました。

現在は三大支出と言われる、教育資金・住宅ローン・老後のための家計管理を実践できています。

年間50万円貯まる。こうすればよかった家計管理(家計の見直し)

年間50万円貯まる。こうすればよかった家計管理(住宅ローン)

こういったことを実践しながら、家計管理しています。
その経験から蓄積された家計管理ノウハウを紹介します。

【家計】固定費を削減する方法|見直し効果が大きい住居費おすすめ4選

固定費の削減を行う上で、効果が出やすいものと言われるのが住居関連支出の見直しです。

理由は、支出に占める金額が大きく、毎月の支出だから。
家賃や住宅ローンは数万円から数十万円にもなり、毎月の支出額を減らせるならとても大きな効果があります。

しかし生活の基盤となる住居関連の見直しには、複雑で必要書類が多く手間のかかる手続きが必要になります。
そのために家計の見直しでも、後回しにすることが多くなる項目です。
ただ見直しの効果は大きいので、ぜひ検討して頂きたいです。

【家計】固定費を削減する方法|マンションやアパートなど賃貸の家賃

賃貸の場合、まず家賃の見直しをしてみましょう。
方法は2つあります。家賃の値下げ交渉と引っ越しです。

基準としては、収入の30%以下になっているかという事です。
30%以上ならばどちらかの行動を起こしましょう。

【家計】固定費を削減する方法|家賃の値下げ交渉

あまり交渉をしてくれるという話は聞かないですが、借地借家法という法律で権利として認められています。
不動産会社や家主の方に相談してみてください。

私は賃貸の時に、値引き交渉で3000円(駐車場1台分)を削減できました。
ダメもとで、相談してみてください。
権利があるので話は聞いてくれますよ。

【家計】固定費を削減する方法|引っ越し

値引き交渉が難しい場合、引っ越しをして家賃を減らすことを検討してみるのも固定費見直しの方法のひとつです。

引っ越しの費用が新しい家賃との差額の何か月分なのかを計算してみてください。
あまり引っ越しに費用が掛かる場合はメリットが少なくなりますので。

国民保険料・住民税など自治体ごとにある差

引っ越しをする場合に、あまり意識されない人が多いのですが自治体の差を意識してみてください。

住民税や子供にかかる医療費の補助の有無、国民健康保険の保険料など、自治体によって納付額や住民サービスの範囲が異なります。

住居には、住居地の差も念頭に入れて検討してみると大きな効果があるものです。

【家計】固定費を削減する方法|住宅ローン

完済するまで住宅ローンが大きな割合を占めています。
長期の支払いがあるものなので削減できれば、見直し効果は大きくなります。

住宅ローンを組むにあたって、毎月の支払額と支払期間という2つが重要です。

  • 支払期間が長くても構わないけれど、毎月の返済額を低く抑えたい。
  • なるべく早く完済したいから、返済額は多くなっても構わない。

極端に言うと上記の2通りだと思います。

今回は、固定費の削減ということを目標としているので、ひとつめの返済額にこだわった返済方法の中で、固定費の削減を考えていきます。

【家計】固定費を削減する方法|借り換え

まず住宅ローンを組まれている人が検討される方法は借り換えです。現在の借りている金融機関よりも条件のいい金融機関へ変更するというものです。

現在組まれている住宅ローンとの比較

  • 金利差が1%以上
  • 残高1000万円以上
  • 返済残期間10年以上

これらに1つでも当てはまれば返済額を削減できる可能性があると言われています。

他の金融機関の住宅ローン金利などの情報収集してみてください。
1%の金利を下げることが出来れば、3000万円のローン残高がある場合には約500万円の支払いを抑えることが可能になります。

しかしこの借り換えには、数十万円の初期費用・審査・ある程度の手続き期間が必要です。
先ほどの3つの条件はこの初期費用を払っても、借り換えをすることで得になるかならないかの指標だったのです。

借り換えのメリットとかかる経費などを、検討してみてください。

ですが、上手く金利が下げられるなら固定費削減効果は大きいものとなります。

【家計】固定費を削減する方法|金利交渉

上記のように借り換えが一般的ですが、金融機関によっては現在の住宅ローン金利を引き下げてくれる金融機関もあります。
借り換えなどを前提に検討していることを伝えると、金利の引き下げを提案してくれるかもしれません。

金利交渉の最大のメリットは、数十万円の費用が必要ないことです。

金利交渉での手続きは、審査と手数料が必要になりますが、翌月から返済額が削減も可能です。
金利交渉に応じてもらえれば、簡単に固定費の削減になるでしょう。

私は金利交渉で固定費の削減をしました。
下記は簡単ですが私の経験談です。

・金融機関に借り換えを検討していることを伝え、金利交渉が可能か尋ねました。
・「交渉ができないことはないけれど、ちなみに借り換えを検討している金融機関の金利は何%ですか」と聞かれました。
・借り換えの初期費用や手続きを考えると、金利交渉してもらえて借り換え候補金融機関と同等のメリットが得られるならば、このままこちらの金融機関と取引を続けたいと伝えました。
・必要書類を用意して審査してみますという回答を得ました。
・後日、新しい利率を提示され金利交渉成立し、翌月より支払額が5000円程度下がりました。

金利変更手数料は21600円でした。

必要書類は、審査時に3回分の給与明細、手続き時に戸籍抄本と印鑑証明です。
金融機関へは、金利交渉依頼と審査受付と手続きの3回出向きました。
これだけで5000円は大きいと思います。
300回程度の支払い回数が残っていたので、5000×300=1500000円の削減です。

ただいくつかの金融機関で、金利交渉という事をしているかと質問してみたのですが、していないという金融機関もありました。印象として金利交渉というものは、あまり積極的にアピールしない裏技的な側面があるようにも感じました。

【家計】固定費を削減する方法|見直し効果が大きい住居費

住居費の固定費削減方法をいくつか紹介しました。

支出額が大きいので、数千円から数万円の削減が可能な固定費なので、なるべく早期の見直しが有効です。
家賃と住宅ローンについて説明しましたが、光熱費や税金など住居に関係した固定費は他にもあります。

今回は触れていませんが、削減方法としてルームシェア・実家暮らし・二世帯同居などの方法でも住居費の削減が可能です。

実家暮らしや二世帯同居は、生活費や光熱費などの削減も可能で、家計をスリム化する方法としてはとても有効なものとなっています。
生活スタイルや理想な暮らし方の中で、ベストな選択をしてみてください。