Parallel works × Life ~ Try Happiness
「満足度」の高い「生活」には「複業」を
節約&家計

年間50万円貯まる|こうすればよかった教育資金【4】

カテゴリー共通の家計管理データ。

家族構成は、夫(会社員)、妻(パート)、長男(中学生)、長女(小学生)

収入400000円
支出予定額 344000→301000円
  内訳 生活費(食費・日用品など) 70000円
     光熱費(電気・水道) 15000円
     保険料(生命・医療など)19000円
     ガソリン代 13000→0円
     通信費(スマホ4人分・インターネット等含む) 38000→28000円
     新聞購読料 4000円
     小遣い(4人分) 44000→29000円
     住宅ローン 69000→64000円
     教育費 42000円
     子供名義貯蓄(2人分) 20000円
     予備費 10000円

ボーナス収入 750000円
ボーナス支出 755000円
内訳 車の維持費(車検・点検・自動車税) 240000円
税金(固定資産税) 150000円
旅行・外出費 300000円
浄化槽維持費 50000円
地震保険料 15000円

このデータの詳しい説明は、 固定費の見直し を読んで下さい。

意外にもあっさりと、43000円の支出カットを成功させた理由を書いています。

教育費総額からの教育資金作り

教育費の総額から逆算する方法を実践して欲しい理由

教育資金準備の方法としてこの方法は、
家計に対して幅を持つことができる方法といえます。

それは教育資金を準備する上で、家計を見直すことを前提としているからです。

子供一人当たり毎月42000円もの金額を確保するには、
何かしらの工夫をしなければ、簡単に家計から捻出できる金額ではないと思います。

ただ、単純に節約・倹約をするといったことではなく、
長期的な観点から家計を合理的に、見直すことで一旦スリム化を図り、
その上で42000円を教育費として充当できるよう、家計管理していくことで、
この方法が成り立っているからです。

すなわち、家計の見直し、長期のライフプランの作成が、教育資金捻出する過程で
実行できてしまうのです。

なかなか、実行することが難しい、家計見直しとライフプラン作成ですが、
教育資金作りの一環としてできるというメリットは、他の教育資金作りには
ないと思います。

見直し・スリム化の考え方

では、家計をどのように工夫するのか説明します。

・単純に節約・倹約をするといったことではない

 家計を削減する場合、一般的にはまず生活費や光熱費などを節約すると、
考えがちですが、それでは教育のために家族全員が我慢する必要があります。

 これでは、生活に支障をきたす恐れなどがあり得策とは言えません。

 どうしたらいいのか。

それは、同じ結果や効果が得られることが、
手段を変えるだけで割安になる方法を探ります。

・長期的な観点から家計を合理的に、見直しスリム化

 これは、長期的というところがポイントです。

 しかし、自動車の買い替えを延期することや旅行の回数を減らす
といった方法ではありません。

 楽しめるはずのことがなくなったりすると、これも我慢になってしまいます。

 どうするのか。

 固定費の支払いの見直しです。
固定費というのは、定額を毎月支払うものなので、
これを削減できると効果はすごく大きいのです。

・教育費として充当し、家計管理していくこと

 これに関しては、少し家族の協力が必要となります。

 現在の家計の項目の中から、余裕のある部分を
少しずつ教育費へ充てるという方法です。

これらのことに取り組むことで、
現状の家計から42000円の捻出は可能なのです。

実際のデータとその具体的な方法

記事にあるる家計管理データが実際のデータです。

 このデータでは、43000円の捻出が可能となっています。
 固定費の見直しなどに取り組み、教育資金を準備可能な家計にすることができました。

 
 具体的な捻出の方法

 このブログの“家計の見直し”の記事を参考にしてください。

 固定費の見直しや割安な手段を取り入れ、ポイントを活用するなど
多岐にわたる家計のスリム化を図りました。

この家計のスリム化は、家計管理を見直し教育資金の捻出だけではなく、
貯蓄やローン返済などに、充てる予定の方にもとても有用だと思います。

ぜひ活用して頂けたらと思います。